スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来事

そいえば、全種類釣り終わってるのに、
新しい立ちポーズ貰えてないなぁと思い出す。

20160331-0055_317075062.jpg

3.2後期になってから、
1匹も釣ってないかららしい。

20160331-0056_317075217.jpg
無事にクラゲ釣って、立ちポーズ貰いました。


・・・うん。


どうなんでしょう?
カッコよいのか・・・?


↓押すと、まとめ記事沢山読めます。


続き↓
スポンサーサイト
Read more




今晩も裁縫の仕事を追え、
仕事帰りに一杯の酒をあおり、ほろ酔い気分で家に帰ると、
皆のアイドルバトンちゃんが待ち構えていた。


20160401-0005_317211452.jpg


心なしかいつもと若干様子も違うようであるが、
それはきっとこちらがほろ酔い気分であるからであろう。


日々のハードワークで心身ともに疲れ果てたさかな。


今晩も
「さかなたま、お使いのピンポンダッシュして来てちょちょ!」
的なことを言われ、
「やれやれしょうがないなぁ」
とか言いつつも、ピンポンダッシュを完遂し、
「さかなたま、ルルルンポゥ」
みたいなこと言われて、
ホンワカ癒されてから眠ることにしよう。

そう思い、バトンちゃんに話しかける。

「こんばんわ、バトンちゃん。またピンポンダッシュしてきて欲しいのかな?
ホントにピンポンダッシュが好きな子だねぇ
あまりよそ様にご迷惑をかけちゃいけないよ」



「うっさい!」


「・・・・え?」



「あんまりゴチャゴチャ言うてると、三枚おろしにして、
パックして、スーパーの鮮魚コーナに陳列するぞ!コラ!!

そんなことはどうでもいいんだよ!!
嘘を、嘘をつきなさい!!!!」



「バ・・・バトンちゃん?


今日はご機嫌がよろしくないのかい?
どうしたって言うんだい?

なんでそんなに、ご機嫌斜めなのかな!?

冷蔵庫に入れてたプリンを他の誰かに食べられたとでも言うのかい?」

20160401-0052_317264136.jpg


いつもの癒し系のはずのバトンちゃんの面影はどこにもなく、
そこにはただのガラの悪い毛玉が存在しているのであった。
一体全体、どうしてこうなった?

心配するさかなの事など気にも留めず、バトンちゃんが続けて口を開く。


「ホンマにキーキー喧しいさかなだな!

やいのやいの、
四の五の言ってるんじゃねぇ!

嘘つけって言ってんだろ!!

ポカーンとしてるんじゃねぇよ!

今日は何月何日か知ってるか??
4月1日!!


4月1日だろぉ?
4月1日といったら、エイプリルフールだろぉ?
嘘ついてナンボの日だろうが!

このボケがぁ!!」


「あ、ああ・・そうですね、嘘つく日ですよね」

朧げながらも、ようやくこの状況を把握する。

バトンちゃんも、日々の住宅街徘徊できっと疲れているのだろう。
ああなんとも御労しい。

ここはひとつ相手のリクエスト通り、
嘘の一つでもついて、
穏便に事を終わらせるのが一番のようである。
そしていち早く、
いつものバトンちゃんに戻ってもらうことにしよう。

20160401-0054_317266396.jpg


しかし突然、
嘘をつけと言われてもそうポンポンと出てくるものでは無い。
困ったものだ。

ましてや相手はバトンちゃん。
出来ることならば、彼女にお似合いの
ファンシーでメルヘンでファンタジーな嘘をついてあげることにしよう。
その方がきっと彼女も満足する筈だ。


「こ・・・こないだ、
ピクニックに行った時の事なんだけど・・・」


「ほぉ・・・」


「お腹をすかせた小人さんと鉢合わせしたから、
おやつに持っていったビスケットを分けてあげたんだ」


「・・・」


「・・・」


「ケッ」


「!?」


「フン。つまんねーヤローだな

ピクニック?小人?あぁん?

箸にも棒にもかからないこと言ってんじゃねぇよ。
聞かされる身にもなれっつうの。

そんな眠たいこと言ってる暇があったら、
もっとゾクゾクするような嘘の一つでも言ってみろってんだ」


「ごめんなさい、配慮が足らなかったようです」


20160401-0055_317268510.jpg


荒くれてるバトンちゃん。
いつもの彼女に遭遇した時の癒し系の面影は、
今やどこにも存在しない。


癒されるどころか、
言葉を交わす度に寧ろ精神的に疲れがどっと溢れ出る。

これって何て言う罰ゲームなのでしょう。


こうなったら致し方ない。
彼女が納得できるよう、
インパクト絶大なとっておきの嘘をついて、
とっととお帰りいただくことにしよう。


20160402-2246_317711803.jpg


「解った・・・
これからとっておきの嘘をつくことにするよ、バトンちゃん。
この嘘はキミの心に深い傷をつけ、
トラウマを植え付けてしまうことになるかもしれない。

それでも構わないんだね?」


「フン、どうせ小人がどうとか、
チューリップがどうとか、

また、そんなもの聞くくらいだったら、
テレビでつまらないお笑い見てる方がマシだってレベルの
くだらないことを言うんだろ?

お前の空っぽの頭で捻りだした嘘なんて
たかが知れてるってーの

ハッタリかます暇があったら、
立派な嘘ついてあたしを満足させてみなって

ケケケケ・・・」

そう言って不敵に笑うバトンちゃん。
すっかり荒ぶってしまっているバトンちゃん。


こうなったら腹をくくるしかない。


「仕方ない・・・」


こんな時の為に、心の底にしまっておいた
とっておきの嘘を彼女に対してつくことにする。


「エ・・・













エル子の中身は、たいていオッサンである!!!」


20160403-0024_317742260.jpg



「!!!!

ガビーン



う・・・


嘘だぁぁぁぁぁあああ」


20160402-0029_317529979.jpg



慌ててフトコロからルーラストンを取り出すバトンちゃん。


「嘘つき!嘘つき!!
この嘘つきさかな!!

バーカ!バーカ!!

もう二度とお前の家になんて来てやるものか!!!」


そんな捨て台詞をのこし、彼女は飛び去って行ったのだった。






20160331-0111_317077555.jpg



以上が今年のエイプリルフールの出来事である。




しかしまぁ、実際のところ
日頃から、ある事ない事書いてる当ブログとしては、
エイプリルフールだからって、
どうとかって事ないって言うお話でした。



おしまい。



↓プッシュプッシュ








Hide

徘徊する影

出来事

こんにちわ。

いつまでたっても新春気分満喫!!
20160104113703afc.jpg
こりゃお屠蘇が抜け切れませんね!!

4日から仕事です・・・。

何とも短い冬休みでございました・・・。

ォェ。


↓おしてケロ



続き↓
Read more




絵が出現したとの情報を得て、グレン東へ走る。

グレン東の何処に出現したかを知らず、
ただただ闇雲に走る。

なんの、こちらも熟練の冒険者!!
見つけてしんぜましょう!!







・・・数分後






20160104113705e86.jpg
ふへぇ、グレン広い!!

一体どこにおるんじゃぁ(号泣)!




2016010411370790e.jpg

そんなもの地図見たら、
すぐに場所解るとの有益な情報を頂き、
ようやくたどり着く。


これってなんて攻略情報?

教えてくれたフレ様にゲーム攻略王の称号を、
そっと授けることが議会にて可決されました。



201601041137088c7.jpg
小さくない英雄との甘いひと時。

せっかくくれた指輪はリーネの餌になりましたとさ。



それは置いといて、
処理重い&施設が遠く利便性の悪い自宅には、
せいぜい一日一回、多くても二・三回程度しか帰宅せず。

住宅街で過ごす時には、
もっぱら便利で華のあるツーンタウンのサブ宅で過ごすのだが、
今日も日課の水やり&荷物整理で、自宅へ戻った時の話である。

いつも人の気配はなく、
放牧しているペットのゴレムスが我物顔で徘徊を続ける
我が住宅街に普段とは異なる気配を感じる。


20160105-0644_300593401.jpg

だ・・・・お前はん、誰やっ!?


全くこちらとしては面識のない、
羽の生えたメス毛玉が、自宅前に仁王の如く鎮座しておった。

毛玉曰く、今から指定する、
どっかの住宅街へ行って、
そこの家のピンポン押してダッシュで戻って来いとのこと。

やいやい、そんなメンド臭せぇことやってられるかよ。

こっちはチクチクしないといけないため、
多忙極まりないのである。
ここは見ず知らずの毛玉の来るところではない。
とっととお引き取りを願おう・・・・。

そう言いかけた矢先、
毛玉がポケットから、おもむろに何かを取出し、
こちらへヒラヒラとちらつかせるではないか。


・・・ん?
なんだ、カネか??


見くびらないで貰いたい!
ちょっとやそっとのカネくらいで、
ホイホイとお使いに行くような、安っぽいさかなではない。
何とも甘く見られたものである。

失礼しちゃうわ!プンプン!

と、頭から煙を出していたところ、不敵な笑みを浮かべる毛玉。

おやおや、そんなこと言っちゃっていいんですかね?
もう一度、その節穴のような眼をよく開いて見た方がいいんじゃないですかね?


そう言って、毛玉はタバコを吸い始めた。

生意気な毛玉だ!
いっそのことタバコの火が引火してしまえばいいのに、
とか思いつつ毛玉の持っているものを、もう一度よく見てみる。



・・・!!

あっあれは!!!



なんと、毛玉の手にしていたものは、
幻の高級住宅地レンダーヒルズの土地交換券であった。


お・・・お前どこでそれを!?


ケラケラ、
いやぁね、お使いしてくれるんなら、
おさかなさんに上げちゃってもいいんですよぉ。

でも、要らないんなら別のとこ行っちゃいますよぉ。
これ、欲しい人いくらでもいると思うんですけどねぇ・・。


行きます!行きます!!
何処っすか!何処に行けばいいっすか?
・・・

なんですか、たかだか沼地に行ってきたらいいんですか?
そんなもんお安い御用っすよ!!

毛玉さんの言うとこなら、
大陸の果てだろうが何だろうが、
速攻行って、ピンポンダッシュして来るっすよ!!


手のひらをくるっと返し、
従順な毛玉の犬と化すさかな。

どうやら本人も自覚し得ないほど、
安っぽいプライドしか持ち合わせていなかったようである。

そうして、ハネ毛玉の言いなりとなり、
ピンポンダッシュをして自宅へ帰還する。


20160104-2253_300516351.jpg
遅かったですね。すっかり日も暮れちゃいましたよ。


待たされた毛玉の足元には、
数多くのタバコの吸い殻が捨てられていた。


すいません、すいません。
電車が混んでて・・・遅くなりました。


ケッ、まぁいいでしょう。

あっ、そうだ。
アンタの好きな食べ物聞いてもいいですかね?


突如訳の解らない質問をサカナへ投げかける毛玉。

20160104-2253_300516618.jpg

へ?

あ、あぁ塩豆大福ですけど・・・。
そんなことより、土地交換券の方は・・・・。

突如毛玉が言葉を遮る。

あっ!!!UFO!!!

えっどこどこ?

きょろきょろとサカナが夜空のUFOを探している間に、
無言で毛玉は飛び去って行ったのだった。

何も貰えず、さかなに残ったものは結局、
見知らぬ家のピンポンダッシュをしたという事実のみであった。


ムキー!!
騙されたのかよ!!!



おしまい。


↓ついでにグリッとしてケロ



Hide

マタンゴ

出来事

テンの日ですね。

201512111423120e6.jpg

いたずらにプレゼントチケットが貯まります。
何に使うのだろう。


↓おしてケロ



続き↓
Read more




いつのことか忘れましたが、絵が出てましたね。

20151211142313386.jpg
急げ急げと馳せ参じてみたものの、
行った先にはどうでもいい宝箱が5つ・・・・。

何とも微妙な出会いでございました。


そんな、写真供養の戯言はさておき、
今週も、なんとピラミッドが完了。


20151211142314cb3.jpg

ルーナルさんとお友達にお誘い頂きました。

さすが皆さん、ヘビープレイヤ。
たいして、何処で引っかかるも無く、
サクサクとピラミッドを深層、
更に深層へと掘り進んでゆく。

ライトなわたくしも置いて行かれないように、
必死こいて掘りつづけました。
ちうか、7-9は言った記憶があるのだが、
1-6も果たしてこのメンバーで行ったのか・・・?

他にピラ言った記憶が全くないので、
多分行ったのでしょう。
いや、言ったに違いない。


そんなこんなで無事にピラミッド完遂。

2015121114231771e.jpg

重いと巷でもっぱらの評判のさかな亭にて記念撮影。

うんうん、いい写真が撮れたね!

良き思い出だね!!




(○'ω'○)ん?



ここで、いつもとは異なる何かをさかなが感じ取る。


おかしい、いやおかしい。

何なのだ、この違和感は!?


(○゜Д゜)ハッ!!




20151211142318fe9.jpg

家の前の森にキノコが生えてた!


慌ててお出かけツールで調べたところ、このキノコ。
1本100万円超で取引されているモヨウ。

おぉ!

これってなんて金策?

キノコ栽培!?

新しい職人!?


はやく沢山繁殖しろ、と
ただひたすらに樹木を眺めていたところ・・・





20151211142342ab1.jpg

木から泡吹いたっ!




ルナさまお誘いどうもでした。



おしまい。


↓ついでにグリッとしてケロ

Hide

万年ヘビーチャージ

出来事


なぜか苦笑い。

20151113-2304_290006876.jpg

このスペースに入れるために撮ったのは覚えておるものの、
なんに対して苦笑いしたかったのか、
昨晩撮ったはずなのに全く覚えておりません。

むしろ、そんな自分に苦笑いですわ!


↓押して!


続き↓

Read more



度々書いておりますが、
ウチの家の周りは本当に処理が重たいです。
いやいや、冗談抜きに、
人っ子一人居ない住宅街のはずなのに、
中途半端に人の往来のある町とか城より重たい。

いったいその原因はなんなのか。

その謎を解明するべく、
さかなの住宅事情の変遷を振り返るという、
懐かしい写真を眺めて見ようの巻。

古臭い装備とかも併せて見てみるとなかなか面白い。

ちうことで黎明期。

20130225_0438.jpg

住宅販売が開始して、価格が2万円になった日に、
なけなしの貯金叩いて購入したアズラン農村のS土地。
住所は3000番台やったかな?忘れたw
フェンサー着てますねw

ちなみに当時の2万円は、現在の2億円に匹敵するくらいの
価値があるとも言われています(言われていません)。

なんとなく見た目でテント家建てたものの、
その中のあまりの狭さに絶句したのも甘い思い出。


20130325_0614.jpg
たいした庭具を置くことも無く、畑くらいでした。
篝火と組み合わせて、よく案山子を燃やしておりました。
これは羽衣着てるww
家の外でバザックス焼いて、内で案山子を焼くという、
とにかく火遊びが過ぎた頃のお写真なのでしょう。

併せて禁断の姿。


20130728-0208_78548633.jpg

その後、テント小屋の外装いくらかいじったりしてたが、
あまりの狭さに嫌気が差し、改築を行う。
出たばっかりかそうではなかったかは忘れたが、
2階建ての家。
装備は僧侶で着てたやつですねぇ、
回復魔400越えたとか言って喜んでた頃。


20130830-0024_86733992.jpg

内装はこんな感じで、畳引いて布団敷いて。
今では貰った瞬間売るか、捨てるかするモンスのフィギアも
律儀に一旦は部屋に飾っておりました。
外装あんまり関係ないですが、それもまた良しでしょう。

無法者着てた頃のお話らしいです。


20140222-0143_132049355.jpg

引越すちょっと前に撮られてた写真。
ケータイ福引の景品が並んだ外装。
装備は武闘家用だったのは覚えてるけど、
中身はなんだかわからない。


20140707-2229_165110800.jpg

そして現住所へ引越してきた最初の一枚。
たしかルーさんに追加土地の価格が底値になったと聞いて、
慌てて購入した記憶があります。
慌てて購入しなくてもアズランはバシバシ売れ残ってたような
記憶もあります。
七夕庭具の天の川重ねて置いて、
レーザービームみたいだとケラケラ笑ってた。
この当時から、現在の処理重を予感させるような
危険な兆候が出ているようですね。

装備は多分魔法使い。退魔だな・・・杖持ってるし。


20140717-0256_167118997.jpg

引越した当初の内装はこんな感じ。
サブのチキンと一枚。


・・・まぁそれは嘘で、ルーさんちですね。

見たことも無い家具を置いてたので、
何を持って帰ろうかと物色している一枚。

ご近所ですので、
今でも時々、フツーに我が家の写真のように利用させてもらっております。

当然のように、インしていないときに忍び込みますよ。

許可・・・?

取った事はありません。


装備は原始獣だったかこれは?
この辺になると原型を全くとどめておりませんので、
さかなの薄い記憶だけが頼り。


20141228-2238_213831201.jpg

視覚エフェクトのある庭具をいろいろ置いて
ケラケラ笑おうの症状がいよいよ顕在化してきた一枚。
置いたら雪が降る雪だるまを手当たりしだい配置して、
穏やかな農村の一角を雪国へとならしめさせる。

これは前Verの黄竜ですな。
この辺はさすがに覚えてる。


20150928-0123_281600873.jpg

そして最近。
花火・ランタン・ネオン等々・・・。
とりあえずピカピカしてキラキラする庭具は
置いてみないと気がすまない病気をすっかり患ってしまっています。
このころから処理が重たくなってきたような気もします。

装備は浴衣。
ここ数年、持ち物の装備枠から一度も外れたことが無いという、
レギュラー選手。


20151111-2326_289710222.jpg

直近。
綺麗に配置されたランタンから、
常時数十名のペリポン・レモスラ・ナスビ達が噴出され続ける。


Wii版のフレからは
自分以外のキャラは見えなくなると言われ、

PC版で遊んでるはずのモニカちゃんからでさえ、

20151114-0243_290054736.jpg

動きがロボットダンスみたいになりますワ!


とのこと。

なんで重たいのかは言わずもがな、なのか・・・?


楽な内容の更新しようかと思って、
過去振り返り記事書いてみたものの、

古い写真探す作業が思いのほか大変でした。
過去振り返り記事はなるだけ控えたほうがよいモヨウ。

おしまい。



↓ついでにグリッとしてケロ




Hide

ジェラシー

出来事

今週の達人クエはマジンガへ挑戦。

20150914-0030_277889642.jpg
ツメ2・ませ・僧侶で行ってまいりました。
肉入りなら事故が無い限りは安定でしょうか。

平日お休み。サポ様たちと。

20150914-1253_277960353.jpg
美女たちに囲まれてウハウハにございます。

同程度のステータスならば、
迷わず女の子のサポ雇います(トリビア)。


↓ついでにグリッとしてケロ



続き↓
Read more





平穏な日曜日の午後の事である。


ざわ・・・ ざわ・・・・


不意にニュースが飛び込んでくる。


「新しいセラフィーが流れてきたぞー!」

先ほどとはうって変わって、急に色めきたつアストルティア。

そう、天然物のセラフィのお出ましである。

コレまでの遭遇回数は4回。
つまり例のアレに対してリーチの状態である。
出来れば一発で積もって、もう1飜乗せたいところ。

これは逢いに行かねばなりますまい。



20150913-1403_277681633.jpg
ということで、野良セラフィと無事に5回目の遭遇。

これまた、逢いに行く前にたまたま武器やで購入し、
偶然持っていたモーモンスティックをふんだくられました。

そして例のアレ、
つまり、「しぐさ書、ハイタッチ」を手中に収める。



20150913-1404_277682100.jpg
そして、そうそうにセラフィへ背を向け立ちろうとするさかな。

「あれあれ、もう行っちゃうの?」

「ああ、俺には行かねばならんところがあるのよ」

「これが最後になるかもしれないんだよ、膝枕だってまだやってないよ」


「・・・すまん」



後ろ髪を引っ張られまくりながらも、
この上なく寂しさを醸し出すセラフィを残し、
さかなはレビュール街道南を立ち去った。


ここから本題。

ちょっと前の日記で書いたのだが、
ハイタッチのしぐさが欲しくて仕方が無かった。

というのも、

20150910121216f59.jpg

なんと飛べるのである。



かの仕草を目の当たりにしてからというもの、
セラフィ情報を耳にしては、
やること放り出して目的地へ飛び立つ毎日。


たとえ結晶装備育成の途中であろうが、
たとえ鍛冶屋の宿題途中であろうが、
全てを犠牲にして、セラフィへ会いに行ったといっても、
決して過言ではないだろう。

なんてストイック。


そしてようやくその日が訪れる。

ハイタッチのしぐさを習得したのである。
そう、オイラも天高く舞い上がる日がやってきたのである!

きっといまは自由に空も飛べるはず。


ちうことで、ワタクシに大いなる理想を啓蒙してくれた、
師匠こと、モニカ嬢の元へ早速報告へ。

「し、師匠!!遂にオイラやりました!
 武空術を習得いたしました!!」

「ほほぅ。見せてごらんよ」

「イエッサー!
 いいですか!参りますよ!とくとご覧あれっ!!」



せーの・・





20150913-1447_277708436.jpg
ハイターーーッ・・・・・



飛んでない・・・・・。



おかしい、いやおかしい。

そんなはずはない。
きっと何かが間違ってるのだ、
すいません!もっかい・・・



せーの・・・



ハイタtt・・・

20150913-1446_277708271.jpg
やはり飛んでない・・・。


そこでサラリとつぶやく師匠。
「飛べないさかなは、トビウオじゃないですよ」


もはや、ぐうの音も出ず。
きっとこれは何かの不具合でございましょう。
サカナが飛べないのは、飛んだらトビウオになるからでしょう。




ハッ!?

そうか。気が付いてしまった・・・。

全てを把握した。
サカナは飛べずとも禁断のあの姿になることによって、
真の飛行能力が如何なく発揮されることであろう。



ということで、禁断の人型へ
なぜか師匠も人型に。


さぁ、準備はすべて整った!
参りましょう!あの大空へ!!
澄み渡る青空をランデブーしましょうじゃないか!




20150913-1454_277710134.jpg
飛んで・・・・・ない(号泣)。



どうやら、気の鍛錬によって武空術を習得するには至らなかったモヨウ。


というよりもそもそも・・・



20150913-1404_277682832.jpg
オメー!
コレじゃハイタッチじゃなくてただのタッチじゃろ!


すっかりモンスターと化したサカナによる
セラフィへ強烈なクレームにも結果は覆らず。




( ´_ゝ`)ルララ~♪ルルララ~♪




20150914-0002_277881774.jpg

さあ結晶をつくろう。。。




おしまい。


↓ついでにグリッとしてケロ



Hide

ケータイ福引

出来事

特訓ポイント取得のために、久方ぶりにスキルポイント振りなおす。


20150829-2234_274429870.jpg
オノ戦士、堂々たる復活。


オノ錬金は大失敗・・・。


20150829-2247_274436414.jpg
大金を失い、ふて腐れて眠る。





続き↓
Read more



ケータイツールの福引景品のラインナップが更新されておりましたね。
1等にモホ隊長の人形が追加になったり、
2等にピクシー装備が追加になったりしておりますが、
なんと言ってもお勧めは3等のこちらたち。


庭具のランタン。

20150828-0233_274021127.jpg
あぁ可愛いよランタン、ランタン。


カンダタ団、レモンスライム、モーモン、ナスビの4種類から選択可能。
幸い4つとも福引で引き当てましたので、
早速飾っております。


20150830-0004_274469417.jpg

日没と共に、こいつらは一段と光を帯びて、



20150830-0004_274469231.jpg

空へ空へと舞い上がる。


あぁ、可愛いよランタン、ランタン。



おっと、普通の庭具紹介で終わってしまいそうです。
もう少し追記しときましょう。

4等は壁とステンドグラスが無くなって、
調度品になっておりました。

この中では、魔女釜がお勧めかな。

お勧め理由?

それは・・・・








20150829-0209_274199171.jpg
おいしいさかなの煮付けを作ることができるからです。



おしまい。


↓ついでにグリッとしてケロ


Hide

続・突然の来訪

出来事

前回、見ず知らずが自宅へやってきたという日記を書いた。
3年近く遊んできて、そんな人に遭遇したのは初めての経験だったし、
そうそう再現することは無いだろうと思ってた矢先の事。

恐怖体験は、簡単に完結するものではなかった・・・・。



↓ついでにグリッとしてケロ





続き↓

Read more



今日も今日とて宝珠狩りに、西へ東へ奔走していた時のことである。
珍しく、早い(?)時間にインしていた探偵氏よりチャットがやってくる。

「こんばんわ」
「リーネ神社でお参りしてもいいですか!」

もちろん断る理由もないので、二つ返事でOKですと伝え、
さかなはそのまま宝珠狩りを続ける。

何のことも無いチャットをそのまま継続していたのだが、
その刹那、探偵氏の口より驚きの言葉が発せられる。

「たっ大変です!!」


「2階に誰かいますっ!!」


!!

なんですと、この間、知らん人が訪ねてきて、
たいそうしんどい思いをしたというのに、またもや知らない来訪者。

ココはスルーしようかとも思ったが、
大切なシーラカンス盗まれてもいかんと思い、急遽帰宅することにした。




20150523-0341_251666848.jpg
ホンマに誰かいた!!

どうか、突然襲い掛かって来ませんように、と祈りながらもファーストコンタクト。

こんばんわ!


やはり、還ってこない挨拶。

その後、幾ばくかの挨拶はしたものの、どうも会話が心許ない。
またもや、片言系来訪者であることが、確定したモヨウ・・・・。


もう、勘弁していただきたい。

半ば打ちひしがれながらも、近づいてステータスを確認してみる。
フリコメによるとこのウェディ子、どうやら3DSプレイヤーとのこと。

そういわれてみると、
2階に設置しまくった襖に引っ掛かったり、出口がわからなくなったりと、
動きも覚束ない。


どうかとっとと帰ってくれないだろうか、
そんなさかなの願いを打ち砕く恐ろしい一言を、
ウェディ子が発する。


20150523-0346_251667070.jpg
「ブログミテマス」


全く困ったものである。
そんなこと言われたら、無下に追い返すのもままならない。

先に、リーネ神社へ参拝してたはずの探偵氏は、
とうにどこかへバックれたモヨウ。

おのれ!逃げやがったな!

そう思いつつも、片言で会話する3DSウェディ子と何とか会話を繰り広げる。
しかしこりゃ埒があかない。

こうなったら、最終手段、


20150523-0354_251667828.jpg
記念撮影とを捻じ込む。


これによって、体よく家の中から外へ追い出すことも可能であるし、
何より撮ってさえしまえば、終わった空気がそこらじゅうに蔓延することは
火を見るよりも明らかである。


そうだ、撮ってしまえ。

これさえ終われば、この受難のひと時は終わるんだ。

そうだ、帰れるんだ、これでただの男に・・・。
帰れるんだ、これで帰れるんだ。
オー、ライラライラライライラ・・・。

そんなこと思いながらの記念撮影も無事完了。
さて、写真も撮ったことだし、解散しますかね!



ここで、これまで頑なに口を開かなかった探偵氏から、
衝撃のひとこと。


「・・・・実は」



「実はこのウェディ子・・・・」






「私のサブにございます」




!!!!!!!




20150523-0355_251667949.jpg
ドッキリ大成功!!



ご満悦な探偵氏とその妾に対して、ご立腹のさかな。

いつの日かリベンジだ!


※後日談
このドッキリの罰が当たったのか、
翌日より探偵氏は謎の高熱にさい悩まされることとなりました。


おしまい。

↓ついでにグリッとしてケロ





Hide

突然の来訪

出来事

毒煙を噴霧し続ける我が畑にも立派な花が咲きみだれました。

20150518-0046_250596481.jpg
きっと摘むと手がビリビリしびれると思いますので、ほったらかしとくことにしましょう。


自宅に帰ったら、新種発見!

20150518-0138_250606725.jpg
このどことなくムカつく生き物は一体なんなのでしょう?



↓ついでにグリッとしてケロ





続き↓

Read more



今晩もホテホテと宝珠狩りへと赴く。
なんとなくミラクルブーストのやつを落とすらしい、しにがみのきしへ。
レアドロップのロイヤルはどうでもいいが、通泥のプラチナ鉱石も何気に美味しい。
幸い、真リャナの上の方に行ったらワラワラと湧いていて、
宿←飛竜→狩場の往復も一瞬で済むのがうれしい限り。
サポに魔使い×2、賢者1のいつもの構成で、当人はまも。


20150518-2354_250779278.jpg
呼んで呼んで氷漬けの、これまたいつものコンボである。

だいたい3~4セットで魔法使いのMPが枯れます。


20150519-0029_250790942.jpg
ヒャーッハッハー!汚物は消毒だぁぁ!

とか言いながら狩るものの、一向に宝珠をドロップする気配がない。
今日はここまでかとあきらめて帰宅する。

ベッドで寝て、さて、討伐&迷宮の日課済ませたら、リアルに寝るか。
そんなことを考えてた矢先、不意に自宅のチャイムが鳴り響く。


20150519-0002_250781846.jpg
誰か来た!



ちうか、だれだあんた!


フレンドでも何でもないエル子ちゃんの突然の来訪に戸惑うばかりのさかな。
とはいえ、こちらも大人である。せっかくの訪問してくれた冒険者、
ましてや、エル子ちゃんとくれば、無下に追い出すのもあんまりな対応であろう。

さしあたって、歓迎の挨拶を述べてみる。


さかな「我が家へようこそ!!
こんなアズランの片田舎までわざわざお越しくださいまして、感謝感激です!!」
手持ちのドラゴン花火も噴射させる。


もはやこれ以上は無かろうと言わんばかり、最大級の歓迎をしてみる。




エル子「・・・・」



無言である、どうも不意に盛大な歓迎をしたのがまずかったか?
にぎやかなお出迎えが嫌いな娘かもしれない。
ココは逆にしんみりとお迎えしてみるか。



さかな「今日はどのような趣でやってこられたのでしょうか?」


エル子「・・・・」


暫し流れる重苦しい沈黙。
いったいこれは何の罰ゲームなのだろうか?

そんな空気を推し量ったのかエル子ちゃんがその重い口をようやく開く。


エル子「おじゃましてまぁぁぁすぅう」


罰ゲームは未だ終わっていないモヨウ。
微妙にすれ違う会話が、なんじゃこりゃ感をますます加速させる。


さかな「せっかくご訪問してもらったのに、散らかっててすいませんねぇ」
エル子「2階人形がたぁくさぁん」


その後も微妙にすれ違う会話は続く。
なんだかわからないが、与えられ続ける精神的プレッシャー。
我慢の限界が近いと思われた矢先、ようやくエル子が帰ると言った。


押し寄せる安堵の波。ようやく日課に取り掛かれる。
ほっと胸をなでおろし、表に出てみると、


20150519-0008_250784095.jpg
雪だるまが1匹だけ変なところに移動してました。

(◎Д◎)!


↓ついでにグリッとしてケロ



Hide

ペリポン

出来事

自宅でエビネと談笑。

20150419-2253_243671074.jpg
これってリーチ目ですかね?

全く違うと思うよ。


↓ついでにグリッとしてケロ





続き↓

Read more



私事で申し訳ありませぬが、誕生日を迎えておりました。
何歳になったかは、二十歳でカンストしているため、定かではありません。
そう、永遠の二十歳ゆえ、本当はいくつなのか誰も知らない。

まぁそれはどうでもいいのだが、お祝いの品いただきました。



玄関前の噴水。

20150422-0016_244077307.jpg
はじけ飛ぶ、マイナスイオン。



そして、







20150422-0015_244077140.jpg

贈呈者様それぞれが、決して事前打ち合わせを行ったわけではないのに、
計らずも、かぶって送られてきたペリポンの像。


私からの滲み出んばかりのプクリポ愛が贈呈者様へ伝わったからなのか?

庭具の像としては、芸が細かく、
4ポーズ×照明有り無しの計8パターンからポーズ選べます。

さすが1等!

今日も家の間で2体のペリポンはピョンコピョンコと跳ね回っています。

ほんまにありがとう、ありがとう。




20150422-0037_244083255.jpg
ペリポンとフェイクペリポン。



20150422-0057_244087984.jpg
このカッコウで討伐にも行ってみました。
攻撃魔力250くらいダウンします。




追記;料理もありがとう。サカナから豚になるほど食いまくります。



↓ついでにグリッとしてケロ




Hide

玉石混淆

出来事

サブキャラ白アフロの大冒険。

20150419-2303_243676246.jpg
野良ヒューザとの初邂逅。

メタルの香水とかいう、何とも微妙なアイテムをもらいました。


20150419-2307_243678865.jpg
そして颯爽と飛び立つヒューザ。

さようなら、さようなら、再会することはきっと叶わないでしょう。


↓ついでにグリッとしてケロ





続き↓
Read more




言葉も無く飛び立っていったヒューザとの別れに、些かの寂しさを感じていたのだが、
どこかこの空間そのものには違和感が存在していた。
ヒューザとは決して異なる、遭遇してはいけない他の何者かの存在をヒシヒシと感じる。
白アフロとは異なる、毛玉の姿で今はいるのだが、全身の毛が逆立っている。
鬼太郎で言うところの、妖怪アンテナビリビリの状態である。


我が身に一体何が起こっているというのだろうか・・・・?


そんな異常を感じていた刹那、これまで以上に突き刺さる視線を感じる・・・。
それに加え、なにかの囁きも。

その囁きは耳から聴覚に響くものではなく、白アフロの脳髄へ直接届いてくるのであった。

だ、誰だ!やめてけれ、やめてけれ。オイラの精神へ直接アクセスするのはやめてけれ。

必死の抵抗を試みるものの、その声はとどまることを知らず、
より大きく、そしてハッキリとアフロの精神へ訴えかけてくる。
堕ちていきそうな意識の中、ギリギリのところで踏ん張ってその声を聞き取ってみる。



「グゴゴゴゴ」


「グゴゴゴゴ、偽物メ」






20150419-2305_243677391.jpg



ハッ!



20150419-2321_243685262.jpg
本物が現れた。


20150419-2323_243686192.jpg
どうやら悪ふざけが過ぎた白アフロに制裁を加えにきたモヨウ。


とうとう、最近偽ルーナルとして、
アストルティアの街々を我物顔で闊歩していた白アフロに対し、
怒りの鉄槌が振り下ろされる時が来たのである。

ドカっ!

うげぇ。

ボコっ!!

くはぁ・・。


到底エルフの小さな体から打ち出されているとは思えぬ、重い一撃一撃が白アフロの骨を砕く。

はぁはぁ。
まずい・・なんとかせねば。

鬼神と化しているルーナルさまを、何とか元の心優しいルーナルさまへ戻さねば・・・。




す、すいませぬ!
けして悪気はないのであります。

ちょっとだけ、そう、ちょっとだけ、今日もきっと旅に出たかったのであります!


20150419-2324_243686672.jpg

白アフロによる命懸けの弁明。


キ、キット旅ニ出ル・・・!?


そうです!思い出してください!
そして、あの心優しいルーナルさんへ戻ってください!!


ピキーン!


突然ひび割れたかと思うと、ボロボロと崩れ落ちていく、鬼神モードのルーナルさんの顔。
そして、崩れ落ちていったその中から、
我々の知っている菩薩モードのルーナルさんが現れた。

20150419-2328_243688145.jpg


はて?わたしはいったいどうしたのかしら??

何も・・・。何もなかったんですよ・・・。
これから、私とダンスを舞うところだったのですよ。


20150419-2328_243688113.jpg

ワハハハハハ・・・、楽しいなぁぁ。

そして、無事にルーナルさんから偽物であることの許可を頂き、
今日もきっと旅にでる白アフロなのであった。



おしまい。



ほぼ、作り話の回でした。

↓ついでにグリッとしてケロ



Hide
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。