あったか羽毛布団

出来事

クエストで鳥を呼んでは殺します。

20160209-0107_307612786.jpg
200匹ってボーダーがメンドくさくてなりません。
凄まじい眠気が、さかなを襲う。

↓さぁ押して!


続き↓
Read more



小ネタ揃い。
写真供養の巻です。


◆魔塔完了

2月分の魔塔も密かに終わっております。
(それは2月3日の出来事)

どんだけ装備の組み合わせがかわいらしくても、
それを破壊して有り余るサングラス。

20160203-2329_306491068.jpg

子供がグラサンしてるみたいで、何度見ても大笑いである。


◆バレンタイン終わったね

大量の椅子を配布し、
もう家の中に、家具置けねぇぞ!と
数々の冒険者たちを阿鼻叫喚の渦に放り投げた
バレンタインイベントが完了しております。
(何気に2月12日の出来事)

20160211-0120_308006212.jpg

予想通り、というかなんのひねりも無く傘貰いましたね。
残念ながら、ウチの傘枠はムスメ人形で固定です。

見知らぬウェディ子と記念撮影したら、不要アイテム確定です。
いつもの如く、家の前の川にポイしました。

◆サポでどこまでいけるか?

上記実験をしてみました。
決して要らないカード供養ではないですよ。
決して誰も誘えなかったわけではないですよ。
これは、ただ壮大な実験なのです(言い訳→号泣)。
(そして2月11日の出来事)

バラモスを倒そう。

20160217-0103_309158208.jpg

ネクロなんとかは余裕があったら、
サポでも避けるので、特に問題なくクリア。
サポがピョンコピョンコジャンプしたらうっとおしいし、
こんな感じでいいんじゃないでしょうか?

一番死んだのがさかなであるという悲しい事実は
闇に隠蔽することにします。


マジンガを倒そう。

20160217-0139_309163106.jpg

こちらも問題なくクリア。
リペアなんとかで蘇生させられるも、
そもそもそんなに苦戦しないので、
バラモスよりも安定してた感じ。
たいした記事にはなりませんでした。


もぐらを倒そう。

20160211-0226_308021739.jpg

テンの日のプレゼントで貰ったカードで実験。
当方僧侶、ドラキ、戦士、と後なんかで行った。
名前赤までいったが、
そこでドラキのMPが枯渇し、無念の敗退。
もう少し作戦練っていったらいけそうな感じ。
コインがお安くなったらまた挑戦したいと思います。


ようやく、貯まってた写真がなくなってまいりました。
これでまた、写真貯まるまでサボれそうです!


\(*T▽T*)/ワーイ♪  ヾ(ーー )テ、ォィッ


おしまい。

↓ついでにグリッとしてケロ



Hide

光の4戦士

出来事

初めてのレグナードでございます。

20160209-2330_307764745.jpg

とめどなく蔓延する今更感。

20160209-2330_307765237.jpg

初めての勝利。

褒美になんか貰いましたので屋根裏にぶち込んどきました。


↓さぁ押して!


続き↓

Read more
時は2016年2月、
老いも若きも男性も女性も、
気分は女性のオジサンも

様々な、性格・性別・種族の交錯する世界、アストルティア。



かつて、アストルティアの住民は
正体不明の漆黒の暗闇の支配に、永らく苦しめられていた。
その、正体不明の暗闇に立ち向かった
4人の戦士がいたことをご存知であろうか?


現在諸兄姉が、このアストルティアにおいて、
永久に続くとも思われる平和な世の中を謳歌できているのは、

この平和自体が、
決して、この世界が創造されたときから、
与えられたものというわけでもなく、
ましてや、バージョンアップが間延びして、
ストーリーが遅々として進まず、
すっかりマッタリとしてしまっているからではない。


そう・・・。


それは、その4人の戦士が、
永らく続いた、
いつ終わるとも知れぬ、
暗闇からの支配に、終止符を打ったからに他ならない。


20150210-0209_226073860.jpg


平和の象徴と言われる鳩は、
必殺の一撃を与える鋭い嘴や爪を持たぬため、
互いに戦えばその様相は、
長く、凄惨なものになると言う。

とは、
某モビルスーツアニメの仮面のオッサンの台詞であるが、
それはこの場面では一切関係ない。
なんとなく、書いてみたらカッコよさそうだったから
書いただけである。



ゲフン・・・。


それはさておき、
永らく続いた漆黒の暗闇からの支配により、
世界に住む人々の心は疲弊し、閉塞していた。

現状を打破するべく、4人の戦士が暗闇との闘いに名乗りを上げた。


妄想術を駆使しつつ、その剛腕を如何なく発揮するリーダ格の紫男爵。
イトイトの実の能力をその身に宿した桃髪の令嬢。
寝落ち界の期待を一身に背負った眠りの世界と現世を漂うあさぎちゃん。
そして、DHA豊富な青魚。
(順不同)


20150210-0205_226073143.jpg


4人の戦士が漆黒の暗闇との戦いより勝利し、
世界の人々のものへと帰還したとき、
誰が呼んだかも解らないが、
確かに誰かが彼らを指しこう言った。


彼らこそが、我等の導き手・・・。

そう

光の4戦士であると・・・・。




その後も、光の4戦士の活躍にも、目を見張るものがあった。

時に身の丈が数十メートルにも及ぶ巨人を退け、
時に全身が鉄の鱗に覆われた、5つ首の大蛇を討伐する。

到底、不可能とも思える困難にも彼らは立ち向かい、
そして、可能へと変えてきた。

光の4戦士の名の下に、
彼らは多くの人々に救いの手を差し伸べた。
彼らの活躍により、多くの人々に笑顔がもたらされた。
彼らによって、世界の人々は平和を謳歌することが可能となった。
そして、彼らは平和になった世の中を見守るように、
ひっそりと歴史の表舞台から、身を引いたのである。



彼らは伝説となった。






最後に、
加えて、皆さまお気づきであろうと思われるのだが、



これは日記ではない。



ただのデタラメばなしである・・・・。


おしまい。


<ちょっと追記>

20160226122534fde.jpg

イトイトのピンク令嬢こと、
ゆなちゃんが、この度休止したとのことで、
わたくしならではの惜別の想いを乗せて、
この記事書きました。

ちょっとした手向けの記事ですw

休止の理由は知りませんが、
日記を見る限り、そんなに悪い理由ではないモヨウ。
なによりなにより。

休止=引退ではないので、
いつでも戻ってきてくださいねw
それまで、アストルティアの平和は、
あさぎちゃんと青魚が守ることでしょう。
紫男爵も復帰早よ!

彼女の言葉ではないですが、
青い空の下で、皆繋がっております。
またいつか、4戦士で平和を守れるといいね。


ホントにおしまい。


↓ついでにグリッとしてケロ


Hide

イベントに忍び込む

出来事

テンの日に迷宮に風船毛玉がいましたね!!
(2月10日の出来事)


20160210-2342_307967337.jpg
イヤッホイ!モグラカードもらったよ!!



20160210-2358_307974382.jpg
2周目以降は全くの無視です。

風船毛玉「・・・・」


↓さぁ押して!

Read more



インするたびに日課・週課・月課に追われ、
なんだかのんびりすることも必要なのではないか?

大抵みんな大なり小なり、そんな感じで、
アストルティアの世界を満喫することもままならないのでは?

いろんな人との交流を楽しむというのも
せっかくのオンラインなので良い事なのではないでしょうか?

そんなこんなで、
たまにはイベントなどに行ってみようと思い立つ。

さて、何のイベントへ行ってみようと画策してたところ、
たまたまフレ様のイベント開催日であった。

あんまりフレ面していくのもアレなので、
変装を施し、イベント会場へ潜伏する。



20160214-2211_308811781.jpg


イベントの内容はバレンタインでドレスアップということもあり、
オサレなドレスアップに身を包んだ人達で一杯。


20160214-2211_308812289.jpg


ふむふむ、
みんな楽しそうだね。




よし。




20160215-0056_308860384.jpg

日課に行こう。


以上、イベント潜伏の巻でした。



おしまい。

↓ついでにグリッとしてケロ



Hide

タイムリミット迫る

出来事


20160202-2320_306244490.jpg

急げ急げ!!

↓さぁ押して!


続き↓
Read more




前回、ラスボスの後のボス?的なやつを退治した勢いで、
3.2前期追加クエを片付けることにする。

知らぬ間に追加されてたクエは2本。
1本は郵便局クエ、
未クリアのままであるものの、
報酬もたかが知れてるし、便箋など要りもせんので、
これまでのクエスト同様、
心の中ではクリアしたことにする。
とりあえず無視でOK。

となれば、残りのクエストの一つである
お使いクエに行くことにした。

20160202-2356_306261147.jpg

クエ受注は、火の領域の村、
当然のことながら村の名前は不明。
ちうか、ここにやってくるのは、
3.1の初めにやってきて以来のでは・・・?
とにかくはじめてやってきたときは、
こりゃ焼き魚になりそうじゃわい、と思ったが
印象は相変わらず
焼き魚になりそうな村という以外特になし。

まぁそれはよい。

20160203-0025_306272273.jpg
その村の村長とやらからクエ受注。

氷という物質をその眼に焼き付けたいとかなんとか。
なんなら、そんなもの今から目の前でヒャドでも唱えてやりましょうか?
そんなこちらの提言には耳も貸さず、
爺さんは、ただただ取り憑かれた様に氷くれ、氷くれという。
致し方なく言われるがまま氷の領域へ。

氷の領域に行って氷を仕入れる。
この氷解けちゃうよ!という至極当たり前なアドバイスを貰い、
火の領域へ舞い戻ろうとすると、
飛んでいったら、この氷割れちゃうよ!という
もっと頑丈なものよこさんか!的なアドバイスも貰った為、
いやいやながら走って戻ることに。

道中は敵無視、ダメージエリア無視で
ただ走る、ひたすら走る。
あぁ、なんて面白いクエストなんでしょうかと思いながら走る。

ようやく舞い戻った火の村。
帰ってきた頃には懐の中の氷も極々微量に。
見せてやると村の爺さんがボソリと呟く。


「ちっさ!こんなん思うてたんと違う!」


20160203-0027_306272820.jpg

竜族の爺さんにだったら本物の氷を見せてやろう!と
マヒャデドスをお見舞いし、クエスト完了。

経験値とかスタンプとかももらえるみたいですが、
カンストしてたらあんまり関係ありませんでした。


クエスト「炎のクール便」をクリアした!


おしまい。

↓ついでにグリッとしてケロ



Hide

中ボスへ

出来事

いつぞや4しょこ行ったときのやつ。

20160221131553e1e.jpg
なんだか久しぶりに並んで撮るのが新鮮だったように記憶しております。
最近みんな、あっという間に突っ込んでいきますからねぇ。

毎回撮るのもメンドイが、
たまにはよいのではないでしょうか。

↓さぁ押して!


続き↓
Read more



調子に乗って、本日3本目。

3.2のメインストーリーのはずなのに、
これって、なんか戦闘バランスおかしくないですか?!
と思わざるを得ないほどの
強烈なインパクトを我々に与えた中ボスの白ライオン。

かく言うさかなも何回殺されたのか?など
途中で数えるのを止めてしまうほど殺された末に、
やっとこさ何かのはずみでクリアして
その深層心理に思い出すと吐き気をもよおすほどの
トラウマを焼きつけられた一人なのだが、

とある夜に、フレンド様2名が挑戦しておった。
ところが、やはり何時間やっても討伐がままならぬモヨウ。

なんとなく気になったので、声をかけてみる


さかな(以下さ)「フハハハ、苦戦しているようだな!!」

フレA(以下A)「フハハハ、お見通しのようだな!!」

フレB(以下B)「フハハハ、手伝え!!」



チリンチリンとPTのお誘いを知らせる鐘の音が鳴り響く。


前述の通り、さかなは白ライオンに対して、
深い心の傷を背負って生きているため、
出来ることならば、戦いたくないというのが本音である。
そしてなによりメンドクs

そっとPTのお誘いを断り、
日記と同様に、
週末まで放置していた試練を片づけに行こうとしたところ、
再び鳴り響くPTのお誘い。


A「フハハハ、逃げられると思うなよ!!」


やむなく手伝いに行くことに。

行くからには当然のことながら、無事に勝利を得たいものだ。
ここから綿密な作戦会議が行われる。


A「耐性は何が必要か!?」

さ「確か眠ったような記憶があるな・・・」

B「眠り耐性だな、御意。」

A「眠りガード持ってないわ、寝たらすまん。」

さ・B「・・・。」

A「ゲフン、まぁよい。他には・・?」

B「転びとか要らんか?」

さ「ふむ、全く覚えてない」

A「まぁ行けば何とかなるか。」

全員「んだ、んだ」


このように、完璧なるまでの作戦会議も終わり、
いざライオンとの戦闘が幕を開ける。


ちうか、いまだにライオン前の門の所では、死体がチラホラ。
こりゃやっぱり戦闘バランスがおかしいですわね、
と思わざるを得ない。


いうても今回は肉3での戦闘である。
こりゃ勝てませんわい、と思うことも無く、
スイスイと戦闘は進んでいく。


20160221131555219.jpg

当方も失敗した所で、
何の心も痛めることも無いので、
戦闘中に写真撮ったりする暇すらある。


あえなく戦闘は完了し、
せっかくなので、記念撮影。

20160221131558009.jpg

同じくらいのタイミングで勝利を手にした、
他のPTとも記念撮影してたら、
これまたおんなじくらいのタイミングで
勝利を手にした別の人もやってきた。

皆で、ホレホレ、お兄さんもどうですか?
楽しいですよ!的に記念撮影へのお誘い。


20160221131556cc9.jpg

断りきれずサボテンと化す見知らぬお兄さん。
みんな一緒にというところが、
如何にも日本人的である。


戦闘~記念撮影を終えて、
PTは無事に解散の運びに。

解散間際に、さかなからのアドバイス。

さ「まだまだ強いボスとかおるんで、頑張るのですよ」


AB「ふーん、そうかね。」


AB「だったら、さかなに手伝わせたらいいやん、ボソッ」


さ「・・・え!?」


AB「イヤイヤ、何デモアリマセンヨ」


AとBの瞳の奥が、一瞬であるが
怪しく輝きを増したのを見逃すさかなではなかった。

おしまい。



↓ついでにグリッとしてケロ




Hide

王家事情

出来事

邪神もヒマヒマ行っております。
周回はせずにベルト貰ったらおしまい的な感じ。

2016022110580742b.jpg

やっつけた写真にさらっとドレアム(前回のやつ)載せるあたり、
如何に更新放置してたかが如実に現れる一枚。
まだまだ更新リハビリは継続中。


↓さぁ押して!


続き↓
Read more



サボったツケは以外に大きく、
わけの解らん写真はまだまだ減りません。
なので、しばらく短編記事をチョコチョコと
続けていくことにいたしましょう。

枕の写真でも乗っけたけれど、
現在、神様のベルト欲しかったら邪神に行くとよい、
というのがすっかりと定説化してる。
ちうことで、王家の迷宮がもはや廃れコンテンツに。

多分に漏れず、
さかなもあれだけ必死こいて、
毎週王家に行ってたはずだったはずなのに、
気が付いたら
輝石がオーバーフローしていることもチラホラ。
チラホラというより寧ろ月1回は確実にオーバーフローしております。

20160221105809c07.jpg

大抵の場合、
思い出したら慌てて輝石を消化する。
あくまで消化目的なので、
チマチマと輝石を使うことも無く、
入り口のブタ魔人のご褒美内容の如何によらず、
無条件に輝石を3つずつ授与する方式。


20160221105811efd.jpg
輝石をブリブリ消化するので、
コイツにもガンガン遭遇することが可能です。

ゴミの様な性能のベルトは邪魔だけど、
今後また何に使うかわからんので、
天箱と竜箱は開封せずに自宅倉庫にぶち込んでいきます。


開封するのは金銀銅のみ。


2016022110581231d.jpg

開封の儀は自宅前を緩やかに流れる清流にて執り行います。


なぜならば、

20160221105902d3d.jpg

要らないカードが出たとき、
無条件にそっと投棄することが可能だから。

はっはっは!



おしまい。



↓ついでにグリッとしてケロ




Hide

ご無沙汰しております

出来事

ヒマな時はつよボス魔女とかも行ってます。

201602211010294bf.jpg
自バト、サポ僧・サポ魔・ドラキの面々。
即死さえ持ってたら、そこまでハマらずに終わるのが良い所。

ヒマな時はということなんで、
だいたい毎日行ってます、ということですな。

ワハハハハ(号泣)。



↓さぁ押して!


続き↓

Read more




さて前回、
サボっておりましたが、今後は心を入れ替えて、
チョコチョコ真面目に更新していきます!!的な事を
書いたのか、
はたまた書いていないのかすら
忘却の彼方へ行ってしまったくらい、
更新サボっておりました。

気が付くともう一週間以上が経過してた。


月日の経つのってあっという間だね!!





・・・





・・・




まぁ、なんやかんやカンストして、
ネタもふんだんにしたためてるわけでもないが、
写真供養もせにゃならんので、
ここはひとつ前回のコメント助言に従い、
写真をペタペタ貼り付けて、
その内容は、読み手に委ねるという
記事数稼ぎ手法で今回は、
更新してみようと思います。

以下、想像力豊かにページスクロールを推奨。
推奨というより必須!!






20160221101026ea9.jpg





20160221101030c96.jpg





2016022110103255f.jpg





やっぱりなんのことか
自分でもわかりません。


次からきちんと書きましょう(戒め)。


おしまい。



↓ついでにグリッとしてケロ




Hide

奈落より常世まで

出来事

バトンちゃん

20160202-2252_306230496.jpg
何回やってきても、ロクでもないプレゼントしか残してゆきません。
レンダチケットの褒美は都市伝説で、
我々はコイツの手のひらで踊らされているだけなのでしょうか?

↓さぁ押して!


続き↓

Read more



さて、
当方に都合よく言うと、
マイペース・気まぐれ・お気楽に更新、
世間一般的に言うと、
ただのサボり更新続けてきたら、
撮り貯めした写真の消化がままならぬ状況になってきた。

なので、通常は土日は更新サボるのが常なのだが、
今週はなんと更新をしてしまおうと、
一面発起してPCを立ち上げる。

さも昨日のことのように書いているが、
実際、今日の書いてる出来事は2月の2日の出来事らしい。

鮮度がすっかり落ちた記憶の為、
かなりあやふやなところ、
ともすれば、すっかり忘れてて、テキトーに書いてるところもあるが、
しっかり覚えててもテキトーに書くことは日常茶飯事なので、
それはまぁ問題ありませんね。

ちうことで、完璧な言い訳も書き終えたので以下本文。


ちょいとメインストーリークエのこと書いてますので、
見たくない人は、そっとブラウザ閉じてくださいな!!








3.2ラスボスのやっつけた後のクエストのボス。

ラスボス倒した勢いで挑戦したところ、
逆にボッコボッコの返り討ちに遭い、
こりゃきちんと対策練って挑戦せんといけませんわい、
となったまましばらく放置し、
すっかり忘れてたのだが、
そういえばすっかり忘れてたなぁということを思い出したので、
退治しに行ってまいりました。


20160202-2340_306253899.jpg

このボスの手ごわいところは
なんと言ってもその脳筋っぷり。

賢者の消火器をもってしても
打ち消すことの出来ないテンションUPで、
前衛職でさえ一振りでバシバシ殺してく程の一撃を
次々と放ってくるのであります。

殴られて一撃で死ぬのなら、
死なないようにすれば良いじゃない!
ということで、構成は魔使・ドラキー・僧侶×2。
当方僧侶。

僧侶Aが聖女をばら撒く。
僧侶Bは回復ばら撒く。
ドラキーは魔力の歌をばら撒く。
魔法使いはメラゾをばら撒く。

という、ばら撒き構成。


メンバーが固まると、
なんかの範囲技でみんな死ぬので、
散るのが基本陣形となります。


20160202-2339_306253764.jpg

戦前の予想通り、
戦闘は聖女ばら撒きが追いつかないときは、
累々と死体の山が積み重なる死亡ゲー。

ドラキーの活躍無しには討伐が不可能だったのではないだろうか?
10分超の激闘をようやく終えたが、
こりゃ当面こいつと再戦はしたくないな、
と思わせるとっても素敵なボスでした。

ボス討伐後は、なんかその辺にいる人に話しかけて無事にクリア。

クエスト「奈落より常世まで」をクリアした!

クエ報酬に
なんとも微妙なワープ装置が使えるようになりましたが、
なんとも微妙なワープ装置なので、
使えるようになってからも一度も使われておりません。


と、ここまで書き終えて気が付いたのだが、
今日の日記で写真3枚しか消化できんかった!

こりゃ全部消化し終えるのに何本書かんとならんのだ・・・!?


おしまい。

↓ついでにグリッとしてケロ


Hide

テイク2

出来事


最近始めたフレさんへアクセ贈呈の儀。

20160205-0024_306718298.jpg
もはや何が出たのか解りませんが、
なんとも賑やかでございますわね。

↓さぁ押して!


続き↓
Read more



今日も今日とて
クエスト報酬の宝箱に淡い期待を寄せつつ、
バレンタインイベントを消化するのだが、
開けても開けてもビンゴ券ばっかり出てくるのである。


20160209-2247_307750630.jpg

これはどういった形の新手の嫌がらせなのだろうか?


そんなこんなで昨日、
バレンタインの巻の日記を書いたのだが、
その日記にコメントが寄せられていた。

どれどれ・・・


>とりあえず、候補者の写真撮り直しましょうか


なんともテキトーに撮りましたよ感の漂う写真に対して、
的確なコメントなのだろうか。

(>▽<)b <了解。

ここはさかなの言いたいこと言うの場。
せっかく書いた記事もテキトーな写真では浮かばれますまい。

紛いなりにも「なんとかカメラマン」的な称号を持つ
わたくしめの渾身の写真でもって、
改めて、今年度のクイーン候補生達を
紹介さしもらうことにしよう。

20160210-0118_307791644.jpg

ヒストリカ

薄暗く、カビ臭いリンジャの塔で、
ひたむきに何かを研究し続ける彼女。
兄弟からも公認頂いたズッ友が存在するのだが、
なんか用事がある時にしか訪れてもらえず。

彼女サイドからズッ友へのアクセスを試みるも、
実はズッ友の住所すら知らないという事実が発覚し、
あれはホントにズッ友なのだろうか?との
自問自答にアタマを抱える日々が
続いているのだとか・・・。


20160210-0136_307794099.jpg

妖怪図書館の娘

3.2前期残りわずかの追加コンテンツ希望の星。
配信クエ第2話皆がお待ちしております。
久しぶりに行ってみた妖怪図書館は、
人っ子一人おらず、
閑古鳥がクェクェと鳴きまくっておりました。

久しぶりに女の子になって、
ネカマ気分も満喫可能、ウキウキが留まるところを知らない。。


20160210-0124_307792535.jpg
魔女

逢いに出向くなり、
こちらに対し、切れ目なく容赦ない攻撃を繰り出す彼女。
一体どうした事だろうかと確認してみたら、
どうもバレンタインでの得票数がイマイチなことが
お気に召さないらしい。
その生活は隠遁そのもの故に、
厭世的な性格かと思っていたが、
どうやら俗世間の事も結構気になるらしい。


20160210-0131_307793608.jpg
エステラ

彼女もまた、
ひっそりと火のエリアの城の一部屋に引籠っていた。
その部屋の中には所狭しと
数々の縫いぐるみが散乱している。
その部屋に足を踏み入れたさかなは、
そっと彼女を抱きしめる。

さかなからの抱擁は彼女にとって、
決して喜ばしいものでは無かった。
ならばなぜ、それに対して抗う事をしないのか?

それは、その部屋に散乱する縫いぐるみのほとんどが
さかなから提供されたものだったから・・・。


20160210-0127_307792917.jpg
セラフィ

お散歩大好きなセラフィ。
今日はスレア海岸で
お散歩中のセラフィたんに出逢いました。
いっつも元気な彼女は、
例え、たちの悪い冒険者斬りかかられようと、
その身を焦がす巨大な火球を撃ち放たれようと、
その笑顔を絶やすことはありません。

元気の源を問うてみても、
いつも彼女はヘラりと笑うだけ。

もう一つだけ問うならば、
一体どいつがセラフィなんだい!?


20160210-0141_307794825.jpg
さかなの女の子

あちらこちらを探すまでもなく、
彼女は我が家の水槽で華麗に泳いでいた。
彼女との一番の思い出は、
何と言っても初対面の時。

逢いたい思いは募るけれども
なかなか初対面することが出来ず、
釣竿を毎日購入してゴブル砂漠へ足繁く通ったのも、
今ではとてもいい思い出。


以上、改めて本年度のクイーン候補者たちの情報でした。
なんやかんやで投票期日も@少し。
未だ未投票の方はお急ぎを!!

20160206-1412_307008232.jpg

椅子貰って、
ちょっとした蜜月な気分を味わうことも可能!!


ルーナルさん!
今回の写真はどうでしょうか!?


おしまい。



↓ついでにグリッとしてケロ



Hide

美女たちの闘い

出来事

こんにちわ、まだまだお寒うございます。

20160205124932d8e.jpg
庭で水浴び。
カラダの心底冷え切ります。

ときどき面白いブログを書いたりしています。



↓さぁ押して!


続き↓
Read more



例年のごとく、バレンタイン祭りがすっかり開幕しております。
例年のごとく、各初期町におるパティシエの兄ちゃんに、
例年のごとく、年に数回しか使用しない定型文で話しかけると、
例年のごとく、バレンタイン城に誘われますね。

例年のごとく、投票対象のお嬢さんに、
例年のごとく、欲しがってるチョコレートの材料渡したら、
例年のごとく、ご褒美もらってクエストクリア。
例年のごとく、微妙な景品もらえます。
例年のごとく、きっと1回でも投票してたら、
例年のごとく、クイーン決定後になんかもらえるはずなので、
例年のごとく、皆様の清き1票を!

とどのつまり、例年のごとく消化しました、というお話。

せっかくなので、
今年度のクイーン候補生達を紹介しておきましょう。

20160205125040bcf.jpg
ヒストリカ

行動そのものは奇行多し。
放つ言葉は意味不明。
永年の間リンジャの塔に放置され続けてきたという
怨念で今回、本選への出場の切符を勝ち取りました。


20160205125042d2b.jpg
妖怪図書館の娘

未完結の配信クエ、
しかも1話しか配信されてないというのに、
熾烈な予選を勝ち抜いてきた強者。

何故彼女は勝ち抜いてくることが出来たのであろうか?
その愛くるしい笑顔故?
圧倒的プロポーション故?

答えは簡単、
クエスト時に女子キャラが操作可能になるという点で、
エルおじになり損ねた、
世のおじ様たちのネカマ願望を叶えてあげたという
圧倒的存在感で得票数を伸ばしたのでしょう。

もちろんわたしもウキウキしました。


201602051250382e5.jpg
セラフィ

ご存知お散歩大好きなホイミスライム。
バレンタイン投票会場に
たまたまお散歩ついでに立ち寄ったら、
本選への出場を果たしてしまったという
なにより強運のホイミスライム。

この快進撃はどこまで続くのでしょう。


20160205125036824.jpg
エステラ

軒並み目つきの悪い龍族の人たちにおいて、
そこまで目つきが悪くないという龍族界の異端児。

バージョンが上がる毎にプレイヤーに
ぬいぐるみを強要し、
ぬいぐるみ市場相場を激しく上げ下げさせる
いわば影の経済界のドン。

こないだのラスボス戦では
説明もなしに結晶を戦場にばら撒くという、
自由気ままな一面も垣間見せてくれました。


2016020512493804c.jpg
魔女

その妖艶なる色気で数多くのプレイヤーを魅了し、
本選出場を果たした。
これだけ書くと、
その容姿のみで勝ち上がってきたかのように思われがちだが、
毎日3つのオーブを一部のプレイヤーに納品し、
下工作も忘れないという、
狡猾な一面も持ち合わせている。


20160205124936260.jpg
さかなの女の子

多分さかな城の王子の隣にいた女の子。
他に特徴があるか・・・?
と問われたならば、
顔色が青白いことくらいでしょうか?




ごめんなさい、あまり印象がありませぬ。



20160205124935e7c.jpg
ルルナ?ルナナ?

なんとなく久しぶりで写真撮った。
生憎本選への出場叶わず。
そういえば、最初のクイーンコンテストの時には、
この娘に投票したなぁということを
ふと思い出す。

そん時も残念ながら、
実はオーガ村の村長の娘だったという
裏設定を持つオガ子に惨敗してましたね。


さぁ以上が本年度のクイーン候補。
最終的に勝利の美酒を味わうのは、
どの姫君になることでしょうか!!



以下おまけ。

なんとなく、筆が進まずに、
↑まで書いたところで放置してたら、
未だ本番のバレンタインにすらなってないのに、
すっかり旬は過ぎてしまい、
もはやすっかり季節外れ感漂う記事に!

年齢を重ねるとともに、
月日の流れが速くなっている気は
薄々感じていたものの、
一体これはどういうことなのでしょうか。



ちうか、行き着く結論としては、
グダグダ言うてないで、
さっさと更新しろ!ってことですよね。

解ります!!




おしまい。



↓ついでにグリッとしてケロ



Hide

飛び交うモグラ

出来事

2度目のバトンがやってきておりました。


あなたが今の種族を選んだ理由は?!

そんなもんテキトーな理由付けて追い払います。
土地券、はよくれ!


↓さぁ押して!


続き↓
Read more



さて、登場初日に竜玉の上位互換品として、
一夜にしてその名をアストルティア全土に知らしめた土竜玉。
ニックネームはモグラ玉。

コインの出荷開始とともに、
価格は値下がることを知らず、
常時30~40万くらい(?テキトー)で推移してたのだが、
先日の城魔人コインの登場と共に、
コイン価格も15万前後と落ち着いてきた。

値段も落ち着いてきたのだが、
何より魔人追加の際に、
大量に引いた福引で引き当てた分も残っておったので、
土竜コインの持ち寄りやりましたよ、というお話。

流行には乗っかれ、
長いものには巻かれるがよい、
朱に交われば朱くなりなさいよ、
との先人の教えに従い、
さかなもこないだ大量に福引を引いたのだが、
おかげさまでそこそこの土竜コインを所有。

とりあえず各人のコイン持ち事情を加味して、
2周の持ち寄りに。

20160201-2336_305973795.jpg

行くぞ!このモグラ野郎!!


構成は魔法構成のテンプレ。
ませ、魔×2、賢で挑むのであった。

戦闘そのものにもさすがに安定感が出てきたのか、
さしたるピンチも無く戦闘完了。

20160201-2339_305975726.jpg
ヤッホー、イヤッホィ!ウッホホイ!!

無事にアクセも一つゲトし、皆ホクホク顔である。

そして2週目。
戦闘も滞りなく完了し、
これで本日のモグラもおしまいかと、
一抹の寂しさを感じながら、
その場を立ち去ろうとした際に、異変が起きる。

PTメンバーA「ぐぬぅぅ、全欠片は納得がいかぬ!延長じゃい!!」

既に持ち寄り用に準備したモグラコインは底をついている。
一体どうしたものかと思っていたところ、
PTメンバーAが、なんとコインを出してくれるとのこと。

いやはや何とも申し訳ない、とかいいつつも
モグラ玉完成はおろか、
+もたいしてついてないような状況だった為、
ほいさほいさとついていく。

延長戦に向かう道中、
かような会話が繰り広げられる。

PTメンバーA「アクセが出るといいね」
他メンバー 「そうだね、出るといいね」
PTメンバーA「もし出なかったら、今度はPTメンバーBのおごりだね」
PTメンバーB「!!」

有無を言わさぬ理論で、
もしもアクセが出なかった際の
次戦の確約を取り付けるPTメンバーA。

なんという凄腕なのであろうか、
かつてこれ程までの故のないコイン強要を見たことがない。

PTメンバーBは、
なんのかんの反論するも結局押し負け。
もしアクセが出なかった時には、
PTメンバーBによるコインおごりでの次戦が確定。


当然、このような流れでアクセなど出るはずもない。
延長戦、2回目がここに決断された。

いやはや何とも申し訳ない、とかいいつつも
ほいさほいさとついていく。


延長戦2回目に向かう道中、
かような会話が繰り広げられる。

PTメンバーB「アクセが出るといいね」
他メンバー 「そうだね、出るといいね」
PTメンバーB「もし出なかったら、今度はPTメンバーAのおごりだね」
PTメンバーA「じゃあ、もし出たら、今度はPTメンバーCのおごりだね」
PTメンバーC「!!」


思わぬ飛び火がPTメンバーCに降りかかる。

ちなみにここで言うところのPTメンバーCってわたくしの事である。



ハウッ!!  (゜Д゜)


20160201-2353_305984434.jpg

さて、運命の時。




DQサービス開始以降、
この時ほどアクセサリー出るなと
心から祈ったことは無かったという・・・



前回の流れとは異なり、
このようなときは得てして出るものである。




とはいえ、そうそう出るもんじゃないんじゃないの?と
些か儚い期待をしつつ、開く宝箱。


そこには煌々と、燦然と輝く、モグラ玉が・・・。


購入決定!!



泣きながらバザーへ走ったとさ・・・・。




経済は停滞気味とはいえ、
現在の結晶単価は@2500前後・・・。
モグラコインの単価は15万ちょっと・・・。




あぁ、
僕は一体これから、
どれだけのバングルを殺さなければならないのだろう・・・・。



おしまい。


結局、欠片も併せて何個かモグラ玉でましたよぉ。


20160202-0018_305998297.jpg

戦闘中写真撮る余裕も生まれてきました。

↓ついでにグリッとしてケロ



Hide

真の達人クエ

出来事

サブん所にも来ていたハネ毛玉。

20160111-2155_302063153.jpg
あいも変わらず、お使いの対価にも見合わぬ、
どうでもいいプレゼントを残して去ってゆきました。

レンダ土地チケットまだ貰えないんでしょうか?
それとも都市伝説なのでしょうか?



↓さぁ押して!


続き↓
Read more



気が付いたら、もう日曜日。

ついこないだ、
ピラ終わって、達人クエ終わって、週討伐終わったと思ったら、
ネズミの様にクルクルと回り続け、働き続けるとよい!
と言わんばかりに週課コンテンツの更新が完了。

ちうことでまたもや巡り巡って達人クエである。

20160201-0108_305706024.jpg

今週の達人クエはいつもの如く4つか5つ。
以下ラインナップ。

・3悪魔討伐(道具使用無し)
・他なにか


ちうことで、どうも3悪魔一択な感じだったので、
ご多分に漏れず3悪魔をチョイスするのであった。

コイン利用に当たり、
サポでの戦闘も辞さずと覚悟を改めていた折、
ヒドラの討伐に誘われた。

基本的にお誘いに関しては、
いつでもイエスマンですので、
誘われるがまま、ホイホイとついていくことに。


PTの面々もヒドラ久しぶり!ということで、
かつて師匠から伝授された伝説の必勝法を伝授することにする。

SHTでGFなのである。

ただのこの一点を心掛けるだけで、
負ける要素は一切排除され、
明るい未来しか見えなくなるのである。

なんて素敵な合言葉、
なんてバラ色の日々なのでございましょうか。

ヒドラは、まぁ問題なく完了。


ヒドラ討伐によって訪れた平穏な日々をPT面々と
いつまでも謳歌していてもよかったのだが、
如何せんこちらにはやらなければならぬことがある。

達人クエ行かねばならない。


サポで行くよりも断然、楽チンに完了するであろうということで、
試しに達人への同行を願ってみたところ、
他の面々から快諾いただき、3悪魔へ挑戦することに。


いうても皆、歴戦の強者。
3悪魔なんて、ちょちょいのちょいで終わるはず。
ただならぬ今更感。

更に言うとこれもまた、いざとなれば、

SHTでGF

にて全てが完了するので、恐るるものは何もないのである。


20160131-2347_305689267.jpg

さぁ3悪魔討伐の旅へ!

構成はツメ、レン、魔戦、僧侶。

若干火力は落ちるものの、
枠の1人にレンジャーを投入することにより、
ポルカからのMP不足解消、
加えて、僧侶事故死の際のリカバリまでを
可能にしてしまうという何とも天才的な戦略。

現代の孔明ここに現る?!
考え付いた人誰?天才かも!?

もちろんわたくしの仕業である。


そんなこんなで、3悪魔との戦闘開始。
戦闘は至って順調にこなされていく。
さすが、歴戦の強者揃いのPT。

SHTでGFも炸裂し、
今週の達人クエも呆気なく完了するものと思われた。


ところがである。


満を持して宝珠までセットしてきたはずなのに、
戦闘終盤になれども一度も発生することのないポルカ。

次第に枯渇していく我々のMP。

このままでは、aポチで戦闘するしかないのか!?
あきらめかけた矢先に、不意に投入される聖水。
MP不足もこれで解決である。


わーい!(^▽^)






・・・聖水?




確か達人クエの依頼内容は、道具禁止だったような気が・・・。



PTメンバー1;「あ」

PTメンバー2;「あ」

PTメンバー3;「あ」

さかな;「あ」


戦闘は無事に完了。
しかし達人様のお眼鏡に適った戦闘とはいかず、
残念ながらクエ失敗。

20160201-0100_305704870.jpg

今度は道具を使いません。
完全なる意識合わせも完了し、再挑戦する運び。

戦闘はテンプレよろしく、ヒドラから片づけていく。
ヒドラに対し、FBも決まり、
一気呵成にヘビ退治と洒落込もうとしていた刹那、
何者かがバラモスブロスへ痛恨のaペチ。



PTメンバー1;「あ」

PTメンバー2;「あ」

PTメンバー3;「あ」

さかな;「あ」

バラモスブロス;「あ」


戦闘開始直後は、こちらから手を出さないことで、
暫くは戦闘風景を静観しているお約束を
律儀に守っていたブロスだったが、
こちら側からのお約束の反故により、突如暴れ狂う。

ヒドラも当然まだ片付いていない。

「おっ、もう暴れるんですかいアニキ!
アニキが行くなら、あっしもお供しまさぁ!!」
と、バラモスゾンビも暴れだす。

混沌たる戦場にて、バラモスブロスは、
ネクロ何とかの前に腕を5回振る。
これってなんのア・イ・シ・テ・ルのサイン?

戦前に描いた未来予想図とはかけ離れた、
地獄絵図と化す魔法の迷宮。

そんなこと言うてる間に死滅する我がPT。
何とも残念な2回連続のクエ失敗。


楽勝楽勝いうてたはずなのに・・・。








ハッ!(゜Д゜)


これか!?(゜Д゜)




達人が理想とした達人クエの顛末は!?
達人が思い描いたビジョンは!?


こっ・・・これが今週の達人クエの真の姿なのか!?




結局3戦目でクリア。

20160201-0108_305706024.jpg

まぁクリアしても、穴開けポイント貰うために、
捨てる目的の石版貰うだけなんですけどねぇ。


死んでも大笑いできるようなクエストが楽しくて仕方ありませぬ。
同行者の皆様ありがとうございました。


おしまい。


↓ついでにグリッとしてケロ




Hide