スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして伝説へ 外伝

出来事

使わない庭具をサブんちに置き逃げしてたら、
すっかりさかなの家に似た風貌になってきました。

20151210113933a6b.jpg


いつ本家同様処理重の住宅へと変貌を遂げるのか、
不安でなりません。

↓おしてケロ



続き↓



少しだけ遡ったお話。

伝説の裁縫を目指すべく、
ジュレット裁縫ギルドで、日夜チクチクしていたところ、
グレン城内武器鍛冶ギルドにて不審な人物を目撃した、
との情報がさかなの下へ飛び込んでくる。

一日でも早く伝説と呼ばれるためには、
本来ならそのような、流言とも取れる情報になど目もくれず、
一針一針、魂を込めつつ縫い続けるのが正解なのであろうが、
ジャスティスオブアストルティアのさかなにとって、
それは無視することが出来ないものであった。


今は裁縫に身を委ねるものなれど、

武器と防具の違いはあるものの、
かつては鍛冶屋として働いていた身。

この不測の事態に駆けつけずして、
何を持ってアストルティアの正義を名乗りましょうか?!

ということで、チクチクしていた手を止め、
グレン城へと馳せ参じる。

そこでさかなが目にしたものとは・・・・







201512101139353b8.jpg

1匹の茄子であった。


傍目に焼き茄子ドリアにも見えないことは無いが、
そんなことお構いなしに、


20151210113936edf.jpg

茄子はカチカチカチと何かを叩いては、


1448797645ISIqFaQsfuiuX_g1448797621.gif

ピョンコピョンコと飛び跳ねる。



一体なぜこんなところのに茄子が・・・?
正義のためはさておき、素朴な疑問を拭い去ることが出来ない。




これこれ、そこの茄子や。
おぬしここでいったい何をしているというのじゃ?


話しかけることなく、
このままここから立ち去ろうかとも思ったが、
抑えきれなくなり、遂に声をかけてしまった。



へぇ・・・。実は・・・・・・。




聞くところによると、
茄子は消費者の食卓へと並ぶべく、
今年の秋に出荷され、順風満帆な茄子ライフを
全うする予定であったのだが、
意地悪な姑の策略にの道具として、
ヨメに食わされ損ね、
うっかり今の時期まで、残ってしまったとのこと。

このまま腐敗していくのは忍びないので、
今後の活路を見出そうと、武器職人へと転職を遂げたモヨウ。


そうか・・・。
お前もいろいろあんだな・・・。

昨今の止まることのない不景気の波は、
どうやら茄子業界にも押し寄せたらしい。


20151210113936edf.jpg


しみじみしながらも、
相変わらず茄子は鉄槌を振り下ろす。




しかし突然の事・・・・


2015121011400584a.jpg
ムキー!!

鍛冶道具に対して怒りを露わにする茄子。


おいおい!茄子よ!!
一体どうしたんだ!?


さっきから一つも成功しないナス!
武器鍛冶なんで端から私には無理だったナス!
こんなことなら、目の前の燃え盛る焔に身を投げ、
立派な焼き茄子になったほうが、世のためナス!!


20151210113937b71.jpg

そういきり立ったきり、
茄子はすっかり意気消沈してしまった。

まぁそう世を嘆くな茄子よ。
少しだけコツさえつかめば、
お前にも立派な武器を作ることが出来るようになるよ。

すこし腕は衰えたかもしれぬが、
かつて防具鍛冶としてその名を世に轟かせた身。

三つ子の魂100まで、
お前に俺の知っている鍛冶を教えてやるから、
それでももし、ダメだったなら、
立派な焼き茄子にでも、煮浸しにでもなるとよい。


おぉぉぅ、さかな!いやさかな師匠!!
私アンタについていくナス!


20151210113939907.jpg
こうして、さかなによる指導が始まった。

茄子の鍛冶職人としてのセンスは、
正直天才のそれとは程遠いものであった。

しかし、振り降ろされるトンカチからは、
武器職人で生きていくぞ!
という強い意志を感じることができた。


大丈夫!お前ならやれる!!

キュッピーーン!

明らかにこれまでと異なる槌を振り下ろす音色が鳴り響く。
完成品の出来栄えを確認するまでもない。


大成功だ。


201512101140069d6.jpg

やった!わたしやったナス!

よくやったな茄子、これでお前も大丈夫だ。

俺は裁縫職人として生きていく。
そして今日はもう寝る。

お前は一層武器鍛冶として、精進していき、
お前自身の生きる道を模索していくがいい。




・・・二度と焼き茄子なんて考えるんじゃないぞ。




こうして、めったに行くことのないグレン城内での
不思議なやり取りは終わった。

あの日以来茄子には会うことも無かった。


風の噂によると、
あの後、茄子は料理職人へ転職し、
今ではフライパンをビュンビュン振り回しているそうだ。


(ノ_ _)ノ ズコー!



おしまい。


↓ついでにグリッとしてケロ

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。