スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書初め大会レポ

出来事

迷宮ぐるぐるで土竜のカードもらおうと念じつつ、
ぐるぐるしていたわけですが、

2016012012484726c.jpg

カードもらうどころか、
土竜っぽい奴そのものに遭遇するとは思いませんでした。
こいつはビックリ。

↓押して!




続き↓




新年あけましておめでとうございます、
ということで(現在20日経過済み)、
新春恒例の書初め大会イベントに参加してきた。

参加資格は至極簡単、
書の道を歩もうとする志さえあれば、
参加資格は所持しているので、
後は、筆と白紙もってこいとのこと。

書道イベントともなれば、

20160120124851e82.jpg

正装で身を清め、気分を引き締めて挑まぬわけにはいきますまい。
和の心をもって書の道を歩むとす。
今年一年は凛とした気持ちで過ごすことが出来そうである。


そんな、まさに日本人のためのイベントを開催してくれたのが、


201601201248501e6.jpg

八重歯がチャームポイントのこのお方。
通称キバゴリラである。



もともと書を楽しもうと臨んだイベントであったが、
実際参加してみたところ、
その内容は軽い気持ちでは決して終わることのできない
激しい内容のものであったことを、
参加して初めて知る。


少しでも自らの意にそぐわない書を仕上げた参加者に対し、
キバゴリラは容赦なく、
時に必要以上に文字通りその牙を向く。

殴る、蹴る、
牙で喉元を掻き切る、
傍若無人にイベント会場を暴れ回るキバゴリラ。
ここが鬼の哭く町カサンドラか・・・?

参加者たちの悲鳴がその場から途絶えることは無かった。

こんなイベントもう嫌だ、もう帰りたい、
好き放題やられていた参加者たちが、
我慢の限界を超え、キバゴリラへの反撃へ転回する。

壁際に押し込み、身動きを取る事が不可能となったゴリラに
手当たり次第の魔法を打ち込む。

2016012012484886e.jpg

想像だにせぬ参加者たちからの反撃を受け、
遂に息も絶え絶えになるキバゴリラ。
止めの一撃も炸裂し、
目をひん剥いてその場にひっくり返るキバゴリラ。


ワッショイ!
ワッショイ!


イベント参加者たちからは歓喜の声が上がる。

この昂揚感は、イベントに参加しないとなかなか味わえぬものである。

まさかの開催者の絶命という形で幕を下ろした今回のイベント。
蜘蛛の子を散らす様に、家路につく参加者たち。

ふと、何も書かれていない真っ白な紙が
ヒラヒラと舞い降りてくるのが、
さかなの目に飛び込んできた。

せっかくイベントに来たのだ、
なにか形を残して帰ることにしよう。

ということで、そこら辺に転がっていた筆を取り、
今年の初心表明を記すことにした。


「世界平和」

20160120124846b2c.jpg


書き終えたさかなの顔には満足感が漂っていた。
さぁ家に帰ろう、帰ってきな粉餅を喰うことにしよう。
そして、今年は少しイベントとかにも行ってみよう。


以上、書初めイベントの参加レポでございました。


おしまい。



↓ついでにグリッとしてケロ


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。